Sukin オーガニック シャンプーは何度もリピで愛用中

sukinシャンプー

 

今回紹介するのは、Sukin オーガニックシャンプー&コンディショナー

Sukin Organicはオーストラリア発のオーガニック製品です。

Sukinシリーズは、オーガニック・ナチュラル成分とこだわっているのにお財布に優しい

プチプラスキンケア商品♪

リピート愛用中のSukin オーガニックシャンプー&コンディショナーです。

 

Sukin オーガニックシャンプー&コンディショナーの成分

 

私が愛用中なのは、Sukin シャンプー250mlSukin コンディショナー 250ml

 

Sukinは厳選された植物やエッシェンシャルオイルを配合、100%ナチュラルの原材料を使用している安心安全な商品です。ホホバやアロエ、ゴボウエキス、アボカド、ローズヒップ、マンダリンなど髪の保湿や修復に有効な成分が入っています。

そして、Sukinの特徴として以下のものが一切入っていません

 

sukinシャンプー成分

 

 

・ラウリル硫酸ナトリウム

界面活性剤の一種。泡立ちが良く、強い洗浄性があり、安価に製造できるので

一般向けのシャンプーによく使われます。刺激性が若干あるため、敏感肌の

タイプの方はまれにかゆみ等を感じる場合もあるそうです。

分子量が非常に小さいため肌の中まで浸透しやすいという特徴から

経皮毒になる危険性が指摘されているそうです。

 

・ラウレス硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウムの刺激性を緩和した成分で、分子量も大きく

皮膚に浸透しにくくなっていますが、強い洗浄力があるため

皮膚に必要な油分まで奪ってしまう可能性があります。

 

・合成香料
・動物性原料
・合成着色料
・プロピレングリコール

・石油系原料
・洗剤

・EDTA
・ミネラルオイル&パラベン
・トリエタノールアミン

 

ケミカルでつくるモコモコ泡はできませんが、

地肌にはと~っても優しい成分でできています。

 

Sukin オーガニックシャンプー&コンディショナーで健康地肌づくり

 

海外製のボトルは残念ながら日本製みたいに優れていません。

sukinボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つくづく日本のものは細かいところまで気を使っているな~と感じます。

こちらのボトル、ちょっと力をいれないとコンディショナーが出てきません。

残りわずかになった時もなかなか出てこないので、蓋をとって出し切っています。

日本のものは最後まで気持ちよく使えるものが多いですよね。

 

sukinシャンプー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーのテクスチャはちょっと緩めです。

もちろん、ケミカル成分が多いシャンプーのようにもこもこ泡は立ちませんが、

シャンプーを使う前に髪や地肌を十分に濡らしておけばやわらかい泡が作れます。

ノンケミのシャンプーなら私の中では合格ラインです。

シャンプー後は若干きしみますが、コンディショナーで解消できます。洗い上がりはすっきり感があります。

 

sukinコンディショナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンディショナーは緩すぎないしっかりめのクリームタイプです。

バニラの甘い香がしますが、ドライヤー後はほとんど香りは残りません。

シャンプー後のきしみが気になっても、このコンディショナーでサラサラ・しっとりに

使用量が少なくてもなめらかになります。

 

頭皮は野菜などをつくる畑と同じで、健康的な土壌(地肌)を作ってあげれば髪だって健康に育つはず!

よりナチュラルなもので土壌(地肌)づくりから始めてみませんか。

 

購入はこちらから▼
Sukin シャンプー250ml

Sukin コンディショナー 250ml
参考になりましたら、ぜひクリックお願いします♪>>>にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ